やはりメリハリは大事だった!?ゲームやテレビをやめても学習時間は大して変わらない!?

受験生の皆さんは普段どのような休日の過ごし方をしていますか?

受験も着実に近づきつつあるこの時期…

いよいよラストスパートをかけようとセンターの赤本で演習問題に取り組んでいる方も多いかと思います…

その中で休日を取ろうとあなたは普段何をやっていますか?

勉強漬けの毎日でしょうか…?

確かに、かなりの上位大学を狙っている方はそのような方がほとんどかと思いますが、それでも少しは休憩をとることもありますよね…?

友達との外出はあまりないとしても、軽い息抜き程度で、テレビやゲーム、本や雑誌といったものを片手に休日を過ごす方もいるでしょう…

そして、ゲームやテレビを見すぎているときに、身内や両親にいわれる言葉…

テレビ見る暇があったら、勉強しなさい!

でも、知ってましたか…?

実は、学習時間を確保するために、それらを禁止しすぎることは逆効果でモチベーションを下げてしまうことを…

そこで今回は、そのように受験も間近で、何もかも禁止されているあなたへ…

実際禁止されたかされていないかで、どのような変化があるかについて紹介していきたいと思います!

(このデータは一部個人差もあります。)

※PCから閲覧の方はお手数ですが、この記事右下の「>>>この記事の続きを読む」から全文表示させてからお読みください。
◇現代の10代の平均学習時間について

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PP_gekoucyuunojc-thumb-1000xauto-12792.jpg

皆さんは、10代の学生の学習時間は何時間くらいだと思いますか?

3時間?5時間?8時間?10時間?

家庭により、それぞれ時間は違いますが、本当のところはどうなのでしょうか…?

◇調査データをもとに…

先日総務省の統計局の方で、日本の社会や経済状況をまとめた書籍が販売されました…

そこには、平成23年時に調査した平均学習時間についての調査結果が掲載されていたようです…

以下はその記事について記された記事を一部そのまま引用したものになります…

 ----------10歳以上の在学者について、平日の「学校での授業・その他学校での行動」「学校の宿題」「学習塾・予備校での勉強など」を合計した総平均勉強時間は、大学生がもっとも短く6時間17分だった。小学生6時間52分、高校生7時間36分、中学生8時間20分と時間が増え、もっとも長かったのは大学院生の8時間26分だった。

(http://resemom.jp/article/2015/06/16/25153.htmlより一部抜粋)

このデータは一応、学内での授業時間も含むため、家庭学習などの自主学習時間以外も含まれてしまうが、それを除くと、中高生の平日の学習時間は、大体3時間前後というデータが算出される。(元ページのグラフからの算出)

普通の生徒でもこれが平均といわれていて、受験生はこれにいくらかを上乗せしても平日は6時間前後が平均になると予想される。

ただし、この調査をしたのが今から4年ほど前で指導カリキュラムが大きく変化する前なので、今はもう少しハードな勉強時間を過ごしているとされる。

◇勉強はメリハリが重要…

受験勉強においても普通の勉強においてもそうであるが、長時間の勉強は精神的ストレスや、自分自身でも気づきづらい疲労もたまる…

これはテレビゲームなどにも同じくいえることで、連続で数時間やると知らぬ間に疲れがたまったりするものである。

そのため、勉強しているわれわれ学生からすると、適度な休憩が必要となるわけである…

◇受験期間のテレビ視聴・ゲームはダメなのか…?

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK88_JOKERnotorapu-thumb-1000xauto-16216.jpg


テレビ見ている暇があるなら…勉強しなさい!

あなたはこのように言われた経験はありませんか…?

受験生の方は、ちょっとした息抜きでLINEやTwitterをいじることもあるでしょう…

しかし、身内が見る時に、たまたま休憩がてら少しいじっていたら文句を言われる…

でも、逆にやらなければ有意義な勉強ができるかといったら、勉強嫌いな人間からしたら厳しいのである…

なぜなら考えてみてほしい…

仮にあなたが喫茶店のアルバイトをしていたとしよう…

あなたの仕事は、ホールにドリンクを運ぶこと、店内清掃、そして、オーダーをとることである…

でも、8時間という長時間を働く場合は、間に1時間ほどの休憩が入ります…

ずっと働きづめではないのです…

喫茶店のアルバイトをやっているからと言って、ずっと喫茶店のアルバイトさんでいる必要はないわけです…

話を戻すと、受験生だからといって勉強以外してはならないというわけではないのです…

勉強はあくまで、「合格」というものを勝ち取る手段であって、受験勉強というものはそれ以上の存在ではないのです…

確かに学問として極める人もいるでしょう…でも受験生はあくまでチャレンジャーなどであって、プロフェショナルではありません

そのため、突き詰めてしても、それだけに没頭できる人は決して多くはありません…

確かに中には、わき目も振らずに勉強する人がいますが、途中で立ち止まって息継ぎをする必要もあるのです…

そのため、がっつりやるのはさすがにダメですが、軽い息抜きでテレビなどを視聴する分は問題ないのです…

◇勉強は考えておこなうもの

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK15_notepenhikkiyougu20140312-thumb-1000xauto-16813.jpg

一つお聞きしますが、あなたにとって「勉強する」とはどういうことですか?

勉強時間を長くすることですか?

違いますよね…

勉強した内容を頭に残して、受験を勝ち取るため、または興味のある分野について深く調べたいからですよね…

なので、勘違いしてはならないのが、勉強時間を長くした=たくさん勉強したといって、それで慢心してはならないというところです。

勉強はただ長ければいいというわけではありません…

◇インターネットやゲームの完全禁止…結果は…?

よく、勉強ができないからといって無理やりインターネットや、ゲームを禁止する人がいますが、実際のところはそれで結果は出せているのでしょうか…?

確かに自らの意志で禁止し、勉強に挑もうという方の姿勢は立派ですし、それはなかなかマネできることではないと思います。

しかし、全員が全員そのやり方で学力が上がるかというと…

実際はそうでもないです…

なぜなら、SNSなどを利用してばっかいた人間が、いきなり「勉強しろ。」とすべての物事を取り上げられ言われても、SNSの内容などが気になりすぎて、勉強のことが頭に入ってこないのです…

そのため、確かに学習時間は多く確保できますが、実際の定着度からいくと、大きな変化は望めないのです…

◇1時間ゲームやテレビを禁止しても学習時間はわずか1.86分しか変わらない…

実は…このようなデータがあります…

1時間テレビやゲームを禁止しても学習時間は1.86分しかのびない。

このような結果を『「学力」の経済学』を出版している中室牧子さんが著書でこのように述べています…

つまり、勉強は無理やり長時間させ続けていても、学習時間は大きく伸びることはないということです。

そのため、勉強を行う際はちょっとした間休憩をはさむことがモチベーションの維持につながる、メリハリのある勉強は重要となるわけです…

◇では、時間を決めた学習をやれば学力は伸びるのか…?

これに関していうと、正直申しますと個人差がありますので、全員が全員伸びるというわけではありません…

ただ、走り続けた勉強よりも多少の間休憩は、視野や思考をクリアにする意味でも効果的です…

長距離のマラソン選手がずっと走り続けるわけではないように、受験勉強もずっと走り続ければいいというわけではありません…

適度にペースを維持することも重要です。

そうすることで、見えなかったできなかった問題もできるようになるかもしれません…

そのため、受験勉強を行う際はすべてを禁止する必要はないと思います

確かに欲求に負けてしまうから、一時期SNSを離れるという分には問題ないですが、だからといって完全に全部を禁止するのではなく、期間限定の禁止とするというのも一つの手かもしれませんね…

〇補充内容~実はテレビの視聴やゲームも1時間程度では問題ナシ?~

「ゲームやテレビは子供の成長の妨げになり、成長に悪影響をもたらす。」

昔からこれらはよく言われますが、実際のところを申しますと、

1時間程度では問題は全くないそうです…

こちらも中室さんの実際の研究からわかったことのようですが、

まったくやらないのと、1時間程度のテレビ視聴・ゲームは、そんなに変わらないそうです…

確かに少しでも勉強しようとすることは、大事ですが、まったくの禁止は逆に、学校という集団生活を生き抜くためにも、「無知」という状況を生んでしまい、一般教養のレベルはできても、自分で考える力や物を見聞きする力がないと判断され、生きづらい空間を形成してしまいがちです…

そのため、適度に、テレビ視聴などを行っていくのも悪くはないのではないかと感じますね…

-END-

◇あとがき

さて、今回は、学習時間についての記事を書かせていただきました…

この記事は、ちょっとしたニュースとしても話題になっていた上、今の学生さんの親御さんが抱える「勉強」のイメージを少しでも、考えてもらいたくこの記事を書かせていただきました…(読んでいる方は、学生さんがほとんどだと思いますが…)

確かにモチベーションやどうしても受かりたいからといって、何かを我慢することは大事ですし、しなければならない事だとは思います…

しかし、あれもこれも縛って制限するのでは、それだけ学生さん本人の選択肢をつぶしてしまうことにもつながるため、全面禁止はさすがにやりすぎなのでは…?と感じます…

物事において「何が正解か…?」などはこれといってありません…

そのため、教育をこれらの観点から見てみることもいいのかもしれませんね…

さて今回はちょっと物足りない内容になってしまいましたが、今回はこの辺で筆をおかせていただきます…

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました!

ではまた次回っ!

◇追記~今回の内容の執筆にあたって~

今回の記事の執筆にあたって、以下のサイトや書籍を参考にさせていただきました…!

ご興味ある方は、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

〇参考サイト



〇参考書籍



スポンサーリンク

ブログランキング


受験ランキングへ

zenback